出産や不妊治療でお悩みの方│まずは病院で診察を受けてみよう

女性ドクター

夫の不妊治療として

落ち込む男性

男性不妊の改善方法として、精子を活発化させることが大切になります。そのため、サウナや熱いお湯での長風呂は避けたほうがいいとされます。また、下着はトランクスなどを着用し、男性器の血流を促すものがおすすめです。

More…

選び方のポイントは

聴診器

大阪で不妊治療を始めたいと考えている方は、病院選びが大切になります。病院を選ぶときはインターネットでの情報を鵜呑みにせず、夫婦で一緒に通院できる場所を選ぶといいでしょう。また、自宅や職場から近い病院がおすすめです。

More…

診察前のチェック事項

ハートを持つ女医

婦人科のある大阪の病院に診察に行く前に、健康保険証は携帯しているかチェックしておくことが大切です。また、症状をお医者さんに正確に伝えるために、あらかじめそれをメモしておくと、スムーズに診察が進行するとされています。

More…

出産前に準備するもの

入院している妊婦

横浜の病院に入院している方のなかには、いよいよ出産を迎える妊婦さんもいると思います。生まれた赤ちゃんや夫とどのようにして横浜で過ごしたいかは、人それぞれだと思います。妊娠や出産は人生のなかでも一度あるか、ないかの経験の経験なので、産後に後悔しないように妊娠中にやっておくべきことが、いくつかあるようです。まず、妊娠中の写真を撮っておくといいでしょう。一昔前は妊娠中に写真を撮ることは、家族写真でも撮らない限りはあまり存在しませんでした。しかし、最近は妊婦さんを主役にしたマタニティフォトも流行し、積極的に妊娠中の姿を残す方が増加しています。これは妊婦さんや夫婦のためだけに残すものではありません。生まれた子どもが多くなって、自分を妊娠していたお母さんを見ると不思議な気持ちになるとされていいます。自分が大事に育てられた原点を写真から垣間見ることができるので、マタニティフォトは子どもにとってもいい効果をもたらすとされています。また、妊娠中の日記をつけるのもいいとされています。つわりが激しくて、文章を書くのが辛い妊婦さんもいるかもしれません。しかし、妊娠が苦しかった人ほど出産はドラマティックになり、赤ちゃんが生まれたときの喜びは何ものにも代えがたいとされています。そのようなことが自分の言葉で記録された日記を、後から見返すことで、当時の思い出が蘇って感動するという母親もいるようです。このように、妊娠中の自分の姿を写真や文章にして残すことで、家族の思い出の一部を記録しておくことができるのです。